市場ニュース

戻る
2016年07月07日11時49分

【材料】エスプール---第2四半期営業利益682.0%増、進捗率91.5%に

エスプール <日足> 「株探」多機能チャートより

エスプール<2471>は5日、2016年11月期第2四半期(15年12月-16年5月)決算を発表。売上高が前年同期比25.0%増の42.98億円、営業利益が同682.0%増の2.47億円、経常利益が同776.8%増の2.40億円、当期純損益が2.00億円(前年同期は0.14億円の赤字)の黒字に転じている。

企業の人材ニーズが強い人材派遣サービスが大きく拡大したほか、急成長が続く障がい者雇用支援サービスも売上が倍増となった。また、収益改善が喫緊の課題となっているスマートメーター設置業務についても、業務の徹底的な見直し及び改善等により、計画通り単月黒字化を達成し、今期の累計でも黒字となった。セグメント業績では、ビジネスソリューション事業の売上高が前年同期比17.8%増の16.52億円、営業利益が同219.9%増の2.80億円。人材ソリューション事業の売上高が同29.9%増の26.69億円、営業利益が同55.5%増の2.51億円だった。

16年11月期通期については、売上高が前期比13.1%増の82.20億円、営業利益が同354.1%増の2.70億円、経常利益が同421.2%増の2.58億円、当期純利益が1.83億円(前期は0.68億円の赤字)とする期初計画を据え置いている。通期計画に対する第2四半期営業利益の進捗率は91.5%となる。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均