市場ニュース

戻る
2016年07月07日10時48分

【為替】東京為替:ドルは100円75銭まで下落、豪ドル売り・円買いの影響も

ドル円 <5分足> 「株探」多機能チャートより

ドル・円は100円84銭近辺で推移。ドルは100円75銭まで下げており、株安を多少意識したドル売りが観測されている。豪ドル売り・円買いのフローも観測されており、ドル・円はこの影響を受けたとの見方が多い。今のところ、日経平均株価の大幅安を警戒したドル売りは観測されていないが、国内投資家のドル買い注文は100円近辺までないとみられており、ドルの上値はやや重くなっている。ここまでのドル・円は100円75銭から101円40銭で推移している。

ユーロ・ドルはもみあい、1.1074ドルから1.1103ドルで推移。

ユーロ・円は伸び悩み、111円59銭から112円54銭で推移。

■今後のポイント
・日経平均株価は小幅安
・豪ドル売り・円買いのフローが入る
・NY原油先物(時間外取引):高値47.88ドル 安値47.63ドル 直近値47.68ドル

・米S&P
「豪州の格付け見通しをネガティブに変更」

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均