市場ニュース

戻る
2016年07月06日11時54分

【材料】スター・マイカ、有力処は通期業績計画は達成可能、増配余地もあると指摘

スターマイカ <日足> 「株探」多機能チャートより
 スター・マイカ<3230>が反落。今日の安値圏で前場の取引を終えている。

 いちよし経済研究所では、新築分譲マンションの品薄感が強まるなか、中古マンション価格は堅調に推移するとみられることから、上方修正した通期業績計画は充分達成可能と指摘。

 会社側は中期的に配当性向30%の目標を掲げているため、今後も増配の余地はあると考え、16年11月期営業利益予想を28億円から31億円(会社計画は30億7900万円)に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

日経平均