市場ニュース

戻る
2016年07月06日10時17分

【材料】住友不、国内大手証券は円高で中期業績悪化を警戒する局面との見方

住友不 <日足> 「株探」多機能チャートより
 住友不動産<8830>が急落。ウリ気配で始まり、現在は今日の安値圏で推移している。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、バリュエーション縮小の背景として、外需系を中心とした日本企業の業績悪化によりビルの賃貸事業のリスクが高まること、景気や株式市場低迷によりマンション市況のクラッシュ(販売戸数と価格の大幅調整)のリスクが高まることと指摘。

 円高で中期業績悪化を警戒する局面と位置づけ、レーティングを「ニュートラル」から「アンダーウエート」に、目標株価を3400円から2500円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均