市場ニュース

戻る
2016年07月05日11時35分

【材料】スルガ銀行、欧州大手証券は割安感が強いと解説

スルガ銀 <日足> 「株探」多機能チャートより
 スルガ銀行<8358>が3日続落。今日の安値圏で前場の取引を終えている。

 UBS証券では、マイナス金利政策によって、他行比で高めの預金利回りの引下げ効果による、預貸金利ザヤの拡大が業績に寄与すると指摘。株価がマイナス金利政策導入前の水準にいったん戻したことで一定程度織り込まれたものと見ているものの、依然として株価はROE低下を見込んだとして、割安感は強いと解説。今後株価水準の低迷やROEの水準の低下が見込まれる状況となれば、自己株取得がさらに積極化されると考え、レーティング「バイ」と目標株価3000円を継続している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均