市場ニュース

戻る
2016年07月05日10時27分

【材料】夢の街創造委員会、有力処はレーティング最上位を継続

夢の街創造 <日足> 「株探」多機能チャートより
 夢の街創造委員会<2484>が反落。高寄り後は売りが優勢の流れとなっている。

 いちよし経済研究所では、会社側はデリズの先行き見通しを公表していないものの、のれん償却費の発生に加え直営店の閉店など事業構造の見直しを実施している点を踏まえると、短期的には連結営業利益に対してマイナスに作用する可能性があると指摘。それでも、既存の出前館事業は概ね順調に推移、デリズの収益性も徐々に改善が進むとみられることから、レーティング「A」とフェアバリュー2400円を継続している。
《MK》

株探ニュース

日経平均