市場ニュース

戻る
2016年07月01日14時58分

【材料】ストライクがストップ高、M&A事業の成長性を評価

ストライク <日足> 「株探」多機能チャートより
ストライク<6196>がストップ高。同社はM&A(株式譲渡・事業譲渡・合併などの組織再編・資本提携など)の仲介業務などを手掛けている。21日に東証マザーズに新規上場。公開価格3440円に対し初値は2.25倍の7770円をつけた。その後、6000円台を中心に一進一退が続いたが、この日再度、7000円台を回復した。「相続絡みなどでのM&A事業の成長性が評価されている」(市場関係者)という。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均