市場ニュース

戻る
2016年07月01日10時25分

【材料】酉島製がマドを開けて急伸、国内有力証券が「アウトパフォーム」目標株価1440円

酉島 <日足> 「株探」多機能チャートより
 酉島製作所<6363>がマドを開けて急伸、6月10日に十字足でつけた年初来高値1105円の奪回が目前だ。プラント用大型ポンプで高実績を有し、国内では官公庁からの受注が高水準で、海外では淡水化プラントが前期の大型案件の反動が出ているものの、火力発電所向けの高効率ポンプが利益を支えている。17年3月期は営業利益段階で前期比5.4倍の20億円を見込むなど変化率が際立つ。

 東海東京調査センターが30日付で同社のレーティングを「アウトパフォーム」目標株価1440円でカバレッジを開始しており、これが短期資金の流入を誘っている。同調査センターでは「同社の売上規模はこれまで450億円前後が続いたが、(ゲリラ豪雨対策用や火力発電向けにポンプ需要などが増加し)今後は500億円規模に拡大する」と予想している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均