市場ニュース

戻る
2016年06月29日14時27分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】生活・小沢氏:物価目標、バブル崩壊による急激な円高で-2%にもなりかねない


生活・小沢氏(事務所)は、「アベノミクスの物価目標+2%どころか、今や自らの無謀な政策が招いたバブル崩壊による急激な円高(昨年125円/ドル→現在102円/ドル)で-2%にもなりかねない。消費・企業マインドは最悪で、足下の株価の暴落で、今後、巨大な逆資産効果も顕現化するだろう。総理はどう責任をとるつもりか。」とツイート(6/29)。


市場関係者の間では、今年後半の消費者物価コア指数(生鮮食料品を除く)は前年比-1%程度まで下落するとの見方が浮上している。為替相場の円高反転が主な要因だが、賃金上昇が抑えられていることも影響するものとみられている。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均