市場ニュース

戻る
2016年06月29日13時51分

【材料】Jフロントが連日の安値、減益決算受け複数の証券会社から目標株価引き下げの動き

Jフロント <日足> 「株探」多機能チャートより
 J.フロント リテイリング<3086>が大幅続落。連日で年初来安値を更新。ただ、現在は下げ幅を縮小している。同社は28日引け後、17年2月期第1四半期の連結決算を発表。純利益は前年同期比50.3%減の84億8400万円となり、大幅な減益を嫌気した売りに下押ししている。

 減益決算を受け、国内外の証券会社から目標株価を引き下げる動きが出ている。SMBC日興証券は、目標株価を1900円から1400円へ引き下げ、投資評価は「2」(中立)を継続している。リポートでは、富裕層消費およびインバウンド消費の鈍化を踏まえ、百貨店事業の売上予想を減額、従来以上に会社計画未達幅が拡大すると予想している。

 また、国内大手証券は目標株価を1800円から1650円へ引き下げ、レーティングは「バイ」を継続。ただ、業績予想を下方修正しているものの、経費削減やパルコ<8251>の下支えで、短期業績に一定の底堅さはあると指摘。なにより、都市再開発のパイプラインは豊富で、中期業績の回復確度が高いと解説している。

 このほか、ゴールドマン・サックス証券が目標株価を1250円から1200円へ引き下げたことが確認されている。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均