市場ニュース

戻る
2016年06月29日10時20分

【材料】Jフロントは大幅続落で年初来安値、第1四半期は免税店売上高25%減響き減収減益

Jフロント 【日足】
多機能チャートへ
Jフロント 【日中足】

 J.フロント リテイリング<3086>が大幅続落で連日の年初来安値更新。28日取引終了後、17年2月期の第1四半期(3~5月)連結決算を発表し、売上高は2687億7600万円(前年同期比5.9%減)、営業利益は93億1800万円(同12.7%減)と減収減益だったことが嫌気されている。

 円高進行や消費マインドの急速な低下などを受けて、百貨店事業の第1四半期売上高は前年同期比6.9%減、特に免税店売上高は同25.0%減と落ち込んだ。また、パルコ事業、卸売事業も苦戦したため2ケタ減益を余儀なくされた。

 なお、通期業績予想は従来見通しを据え置き、売上高1兆1750億円(前期比1.0%増)、営業利益500億円(同4.1%増)を見込んでいる。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均