市場ニュース

戻る
2016年06月29日09時43分

【経済】英国のEU離脱、LMEへの影響が限定的=香港証取李総裁


香港証券取引所の李小加総裁はきのう28日、英国の欧州連合(EU)離脱について、同社傘下のロンドン金属取引所(LME)への影響が限定的だとの見方を示した。LMEは世界各国の顧客を相手にしており、欧州が主要なターゲットではないと指摘。また、主要なアジアの顧客の中で中国本土からの取引注文が多いと強調した。同時に、取引及び会計は米ドル建てで計算しており、わずかな部分はポンド建てで取引していると指摘。ポンド安がコスト削減に寄与すると強調した。

また、李総裁は、香港市場が世界向けに開放しており、管理システムがしっかりしている上、香港ドルが米ドルとペッグ制をとっており、リスク回避の市場として香港が新興市場より魅力的な市場だとの見方を示した。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均