市場ニュース

戻る
2016年06月28日09時27分

【特報】話題株先取り【寄り付き】(1):しまむら、オンコリス、住江織、ガーラなど

しまむら <日足> 「株探」多機能チャートより
■しまむら <8227>  16,070円  +1,520 円 (+10.5%)  09:06現在
 27日に決算を発表。「3-5月期(1Q)経常は36%増益で着地」が好感された。
 しまむら <8227> が6月27日大引け後(15:00)に決算を発表。17年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比36.1%増の123億円に拡大し、3-8月期(上期)計画の229億円に対する進捗率は53.6%に達し、5年平均の44.6%も上回った。
  ⇒⇒しまむらの詳しい業績推移表を見る

■オンコリス <4588>  1,211円  +91 円 (+8.1%)  09:06現在
 27日に発表した「テロメスキャン、ウイルス構造の特許」が買い材料。
 新規がん検査用ウイルス「OBP-1101(テロメスキャン F35)」について、CTC(血中がん細胞)検査方法に加え、新たにウイルス構造に関する国内特許を取得。

■住江織物 <3501>  197円  -22 円 (-10.1%)  09:06現在
 27日に業績修正を発表。「前期経常を一転21%減益に下方修正」が嫌気された。
 住江織物 <3501> が6月27日大引け後(15:00)に業績修正を発表。16年5月期の連結経常利益を従来予想の42.8億円→30億円(前の期は38.1億円)に29.9%下方修正し、一転して21.4%減益見通しとなった。
  ⇒⇒住江織物の詳しい業績推移表を見る

■ガーラ <4777>  401円  -24 円 (-5.6%) 特別売り気配   09:06現在
 27日に発表した「上場廃止に係る猶予期間入り」が売り材料。
 13年3月期から4期連続で営業利益と営業キャッシュフローがマイナスとなったことから、東証が上場廃止基準に係る猶予期間入り銘柄に指定。17年3月期に解消されない場合は上場廃止となる。

■LINK&M <2170>  193円  +12 円 (+6.6%)  09:06現在
 27日に発表した「2.22%を上限に自社株買いを実施」が買い材料。
 発行済み株式数(自社株を除く)の2.22%にあたる240万株(金額で5億円)を上限に自社株買いを実施する。買い付け期間は7月1日から7月29日まで。

■リプロセル <4978>  431円  +14 円 (+3.4%)  09:06現在
 27日に発表した「iPS培養器の米独占販売で業務提携」が買い材料。
 同社がバイオット社のiPS細胞培養器を米国で独占販売することについて、バイオット社と業務提携。

■エヌアイデイ <2349>  2,921円  +90 円 (+3.2%)  09:06現在
 27日に発表した「スマートグラス活用の接客ツール販売」が買い材料。
 スマートグラスを活用したライブ中継接客ソリューション「グラスライブ・コネクト」を販売開始。自宅にいる顧客に対して、店舗など遠隔地からスマートグラス搭載カメラで撮影する映像をライブ中継しながら会話ができる。

■オークワ <8217>  1,071円  -38 円 (-3.4%)  09:06現在
 27日に決算を発表。「3-5月期(1Q)経常は28%減益で着地」が嫌気された。
 オークワ <8217> が6月27日大引け後(15:00)に決算を発表。17年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は前年同期比28.4%減の3.6億円に減り、3-8月期(上期)計画の13.5億円に対する進捗率は26.7%にとどまり、5年平均の45.0%も下回った。
  ⇒⇒オークワの詳しい業績推移表を見る

株探ニュース

日経平均