市場ニュース

戻る
2016年06月24日11時00分

【為替】英ポンドは大荒れの動き、英国民投票を睨み売買交錯

 英ポンドは大荒れの展開。欧州連合(EU)からの離脱の是非を巡る英国民投票で、朝方は残留派優勢との見方から一時、1ポンド=160円00銭台まで上昇したが、その後、午前10時過ぎには一時145円10銭前後まで下落。午前10時50分時点では151円40銭前後と前日午後5時時点に比べ2円50銭前後のポンド安・円高で推移している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均