市場ニュース

戻る
2016年06月24日10時48分

【材料】新生銀行、国内大手証券が割安感が強い理由で、レーティング「BUY」を継続

新生銀 <日足> 「株探」多機能チャートより
 新生銀行<8303>の決算後の訪問取材をした国内大手証券アナリストがレーティング「BUY」継続とリポートをリリース。株主還元強化への体制をポジティブに評価しているようだ。

 野村証券からのアナリストリポートでは、新生銀行のレーティング「BUY」を継続、目標株価270円から250円に変更すると発表した。2016年3月期の実績でPBRは0.5倍と割安感が強く、株主還元強化への姿勢をポジティブに評価とコメントしている。

 アナリストは17年3月期会社計画親会社株主利益は保守的な前提に基づいているものとみて、計画比30億円強上振れると想定している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均