市場ニュース

戻る
2016年06月24日09時39分

【材料】太平洋セメが続伸、3Dプリンターで積層造形できる鋳型向け無機材料開発を正式発表

太平洋セメ <日足> 「株探」多機能チャートより
 太平洋セメント<5233>が続伸。23日の取引終了後、北海道立総合研究機構産業技術研究本部工業試験場と協力し、3Dプリンターによる積層造形が可能で、高い耐熱性を兼ね備えた鋳型向け無機材料の開発に成功したと発表しており、業績への寄与を期待した買いが入っている。

 新材料は、3Dプリンター造形に適する抗折強度を発現するとともに、材料に由来する不具合の発生を抑制したもの。同社では、開発した無機粉末を用いて3Dプリンターで鋳型を作製し、約1600度Cまで溶湯温度を高めた鋳鉄溶湯を鋳込んだところ、ガスによる欠陥を生じることなく、表面が滑らかな鋳物となり、実用レベルにあることが検証されたとしており、早期の上市を期待する買いが入っている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均