市場ニュース

戻る
2016年06月22日18時25分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】保坂氏:北朝鮮ミサイル、発射成功の見方強まる


世田谷区長の保坂氏は「高度1000キロ超えた北朝鮮ミサイル、「発射成功」の見方強まる北朝鮮が22日に発射した2発目の中距離弾道ミサイルについて、日本の防衛省や専門家は成功だったとの見方を強めている」との報道をツイートで紹介した(6/22)。

報道によると、22日に発射された2発目の弾道ミサイルは、防衛省と米軍によると、約400キロを飛んで日本海に落下した。ただし、自衛隊のレーダーが捉えた情報を防衛省が分析した結果、ミサイルは1000キロを超える高度に達していたようだ。弾道ミサイルは宇宙空間へ打ち上げていたことになるとみられている。中谷防衛相は「日本に飛来するミサイルの種類が増える。日本の安全保障上、強く懸念する」と記者団に語っており、日本の安全保障政策に一定の影響を及ぼす要素がひとつ増えたことになる。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均