市場ニュース

戻る
2016年06月21日11時50分

【材料】フジクラ、国内大手証券はレーティング最上位継続も短期的な業況は逆風下にあると指摘

フジクラ <日足> 「株探」多機能チャートより
 フジクラ<5803>が反落。国内大手証券では、電線大手の中では円高のマイナス影響が最も大きくFPCの足もと需要が低調とみられることから、短期的な業況が逆風下にあると指摘。それでも、ワイヤーハーネスの収益が回復基調にあり、光融着機や光部品を中心とした情報通信関連の中期成長力は評価できると解説。

 レーティング「バイ」を継続、目標株価は610円から590円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均