市場ニュース

戻る
2016年06月20日16時00分

【材料】神戸物産---2Q営業利益61.4%増、為替変動の影響受けるも本質的な事業成長は継続

神戸物産 <日足> 「株探」多機能チャートより

神戸物産<3038>は13日、2016年10月期第2四半期(15年11月-16年4月)決算を発表。売上高が前年同期比6.8%増の1,190.14億円、営業利益が同61.4%増の50.30億円、経常利益が同39.3%減の28.68億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同56.5%減の10.21億円となった。

売上高については消費増税後に講じた施策により客数が増加し、海外直輸入商品やオリジナル商品の開発により客単価も増加したことで、商品出荷実績としては順調に推移。利益面については、円高にシフトしたことによる輸入コストの低減、自社食品工場等のオリジナル商品がSNS上で話題になるなどして販売が好調に推移しており、営業利益は目標を上振れての着地。一方で、為替変動リスクのヘッジのために行っている一部のデリバティブ商品について、会計上の評価損が計上されており、経常利益以下は目標を下回る形となった。

16年10月期通期については、売上高が前期比5.7%増の2,416.00億円、営業利益が同36.7%増の93.00億円、経常利益が同28.0%減の61.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同49.7%減の21.00億円を見込んでいる。為替変動リスクヘッジに伴う影響から経常利益以下の予想を下方修正しているが、本質的な事業の成長は着実に数値として表れているため、1株当たりの期末配当40円については修正していない。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均