市場ニュース

戻る
2016年06月20日12時27分

【市況】日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は大幅続伸、ファーストリテとソフトバンクGで約50円押し上げ

日経平均 <1分足> 「株探」多機能チャートより

20日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり217銘柄、値下がり5柄、変わらず3銘柄となった。

日経平均は大幅続伸。前週末比344.10円高の15943.76円(出来高概算8億6000万株)で前場の取引を終えた。英国の欧州連合(EU)残留・離脱の是非を問う国民投票に関心が集まるなか、最新の世論調査で残留派が優勢と伝わった。これを好感し、日経平均は先週の大幅な下落に対する自律反発を意識した買いが優勢となり、239円高からスタートした。寄り付き後も先物市場を中心に買い戻しが入り、日経平均は一時16035.44円(同435.78円高)まで上昇する場面があった。

値上がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位はソフトバンクG<9984>となり、2銘柄で日経平均を約50円押し上げた。ソフトバンクGは3.1%高だった。従前に子会社であるゲーム世界大手スーパーセルの株式売却が報じられているが、同社は前週末に検討中と発表している。日経平均構成銘柄の上昇率トップはトクヤマ<4043>で9.5%高、同2位はSCREEN<7735>で7.7%高だった。

一方、値下がりしたのはスズキ<7269>など5銘柄のみだった。スズキは市場の信任が厚かったインド準備銀行(中央銀行)ラジャン総裁の退任が伝わり、同国経済の先行きに対する警戒感から売られたようだ。また、三菱自<7211>は3.8%の下落。同社製車両の燃費試験における不正行為に伴う顧客への支払い費用として、17年3月期に約500億円の特別損失を計上する見込みと発表している。


*11:30現在


日経平均株価  15943.76(+344.10)

値上がり銘柄数 217(寄与度+346.93)
値下がり銘柄数  5(寄与度-2.83)
変わらず銘柄数  3

○値上がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ 28305 755 +29.61
<9984> ソフトバンクG 5747 170 +20.00
<6954> ファナック 16150 280 +10.98
<6367> ダイキン 8603 235 +9.22
<6988> 日東電 6790 224 +8.79
<6762> TDK 6190 220 +8.63
<4324> 電通 5160 215 +8.43
<4503> アステラス薬 1545 42 +8.24
<9433> KDDI 3038 34 +8.00
<8035> 東エレク 7938 158 +6.20
<7270> 富士重 3829 154 +6.04
<4543> テルモ 4405 75 +5.88
<6971> 京セラ 5112 73 +5.73
<7203> トヨタ 5561 140 +5.49
<4502> 武田 4448 131 +5.14
<7951> ヤマハ 3100 123 +4.82
<7267> ホンダ 2767 56.5 +4.43
<9735> セコム 7828 113 +4.43
<4507> 塩野義 5666 102 +4.00
<8801> 三井不 2452.5 101 +3.96

○値下がり上位銘柄
コード 銘柄 直近価格 前日比 寄与度
<7269> スズキ 2703 -60 -2.35
<4519> 中外薬 3560 -5 -0.20
<7004> 日立造 519 -24 -0.19
<7211> 三菱自 526 -21 -0.08
<8630> 損保JPNK 2809 -1 -0.01

《NH》

 提供:フィスコ

日経平均