市場ニュース

戻る
2016年06月17日12時47分

【材料】APカンパニー、国内大手証券は当面株価上昇の材料は少ないとの見解

APカンパニ <日足> 「株探」多機能チャートより
 エー・ピーカンパニー<3175>が小反発。現在は前日終値869円近辺で推移している。

 SMBC日興証券がリリースしたリポートによると、同社の業績低迷は構造的な問題であること、外食産業においてデフレ傾向が進み始めたこと、などを要因に投資評価を「A」(アウトパフォーム)から「B」(中立)に引き下げている。

 また、バリュエーションは株価下落により低位となっており株価の下方硬直性はあるが、業績回復に時間を要するとみられることなど、当面株価上昇の材料は少ないとの見解を示している。目標株価は未付与。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均