市場ニュース

戻る
2016年06月17日11時26分

【材料】国際帝石は反発、WTIは1カ月ぶり安値も値ごろ感の買い流入

国際石開帝石 <日足> 「株探」多機能チャートより
 国際石油開発帝石<1605>は反発。前日、株価は4月中旬以来、約2カ月ぶりに800円割れの水準に売られたことから、この日は全般相場が反発するなか値ごろ感からの買いも流入している様子だ。ただ、16日の米原油先物相場はWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近7月物が前日比1.80ドル安の1バレル46.21ドルに下落した。時間外取引では45.80ドル台と約1カ月ぶりの水準に値を下げた。英国が欧州連合(EU)を離脱した場合、欧州経済が低迷し原油需要が落ち込むことなどが懸念されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均