市場ニュース

戻る
2016年06月17日11時14分

【材料】豊田合成、国内調査機関は円高や液晶バックライト向け低調などから目先は厳しいと指摘

豊田合 <日足> 「株探」多機能チャートより
 豊田合成<7282>が反発。堅調な値動きとなっている。

 TIWでは、円高や液晶バックライト向け低調などから目先は厳しいと指摘。17年3月期営業利益は会社計画の360億円を上回る370億円と予想するも、会社側が減配を予想している事に加え、市場で円の先高観が強いため、レーティングを「2+」から「2」に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均