市場ニュース

戻る
2016年06月17日10時50分

【材料】ディスコ、国内大手証券は中国からの精密加工装置受注がどの程度伸びてくるかが注目ポイントと指摘

ディスコ <日足> 「株探」多機能チャートより
 ディスコ<6146>が反発。マイナススタートとなったものの、安寄り後は買いが優勢の展開。現在は今日の高値圏で推移している。

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、精密加工ツールなど消耗品販売を中心とする安定的な収益構造や積極的合理的な株主還元姿勢は高く評価できるものの、スマホ市場の成長鈍化や日系電子部品企業の設備投資減速などにより精密加工装置の引き合いは低調と指摘。

 今後、中国の半導体/電子部品企業からの精密加工装置の受注がどの程度伸びてくるかが注目ポイントとみて、レーティング「ニュートラル」を継続。目標株価を9440円から9100円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均