市場ニュース

戻る
2016年06月16日10時24分

【経済】中国の配車アプリ「滴滴出行」:45億米ドル資金調達完了、アリババやアップルなどが出資


外電によると、中国の配車アプリ「滴滴出行」は45億米ドル(約4770億円)に上る資
金調達を完了したという。今回は米通信機器大手アップルのほか、中国のEC大手アリ
ババ・グループ(中国名は阿里巴巴集団)、中国のオンライン決済大手であるANT・
FINANCIAL、保険大手中国人寿などが出資していた。

また、今回の滴滴出行の資金調達規模が米競合相手のウーバー(UBER)の調達金額35
億米ドルを上回ったとも報じられた。

ウーバーは世界各国に事業を拡大しており、中でも中国市場での資金投入がもっとも
目立っているといわれている。これより先、ウーバーは年10億米ドルを投入して滴滴
出行に対抗すると発言。現時点では中国事業の赤字が続いている。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均