市場ニュース

戻る
2016年06月16日09時24分

【材料】オンコリスバイオが続急伸、京大大学院医学研究科と共同研究契約を締結

オンコリス <日足> 「株探」多機能チャートより
 オンコリスバイオファーマ<4588>が続急伸。15日の取引終了後、京都大学大学院医学研究科基礎医学系分子腫瘍学教室の野田亮教授の研究グループと、共同研究契約を締結すると発表しており、今後の研究開発の進展への期待から買いが入っている。

 今回、契約を締結した共同研究は、野田教授の独自の評価システムを用いて、RECK遺伝子を活性化させがん細胞を正常化する化合物を探求するのが狙い。RECK遺伝子はがん細胞を正常化する働きを有する遺伝子。既に複数のリード化合物を特定しており、今後は特に毒性の低い化合物に焦点を絞って正常化活性の高い誘導体を見出し、がん治療への応用につなげるとしている。なお、同件による16年12月期業績への影響はないという。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均