市場ニュース

戻る
2016年06月15日20時08分

【市況】米国株見通し:欧州株高を好感か、FOMC結果を注視

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより

『米株式市場』


14日の米国市場ではNYダウは4日続落となった。英国の欧州連合(EU)離脱を巡る国民投票への懸念や、軟調な原油相場が嫌気され売りが先行。ただし明日の連邦公開市場委員会(FOMC)の結果発表を控えて下値も限られた。ダウ平均は57.66ドル安の17674.82、ナスダックは4.89ポイント安の4843.55。


グローベックスの米株先物はNYダウで50ドル高程度を織り込んで推移している。また、欧州市場は軒並み反発して始まっており、ユーロストック、独DAXなどは1%を超える上昇で推移している。欧州連合(EU)離脱を巡る英国の国民投票への懸念が大きいが、一方で英中銀は14日に約3700億円の資金を臨時で供給し、欧州中央銀行(ECB)も新型の資金供給を22日に始める方針である。英国の国民投票を23日に控えた安定策であり、大きなトレンド転換にはつながらないものの、下落ピッチは緩やかなになりそうだ。また、売り方の買戻しも意識されてくる可能性がある。


また、連邦公開市場委員会(FOMC)の結果が注目される。イエレンFRB議長の声明で5月の雇用統計が「異常値」だったとの判断が示されるかが注目されよう。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均