市場ニュース

戻る
2016年06月14日14時38分

【材料】日産自が下げ渋る、新しい燃料電池システムの技術を発表

日産自 <日足> 「株探」多機能チャートより
 日産自動車<7201>は英国の欧州連合(EU)離脱懸念が影響しているものの、後場に入って下げ渋る動きとなっている。同社はきょう、バイオエタノールから発電した電気で走行する新しい燃料電池システム「e-Bio Fuel-Cell」の技術を発表した。

 これは、車両のタンクに補給されたバイオエタノールから、固体酸化物形燃料電池(SOFC)によって発電した電力を車載バッテリーへ供給し、モーターで駆動する仕組み。SOFCは高い発電効率を持ち、ガソリン車並みの航続距離(600キロ以上)の実現が可能となる。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均