市場ニュース

戻る
2016年06月14日10時37分

【材料】新光商事が反発、「非接触の空中タッチパネルの市場開拓を本格化」

新光商 【日足】
多機能チャートへ
新光商 【日中足】

 新光商事 <8141> が反発。化学工業日報が14日付で「エレクトロニクス専門商社の新光商事は、空中に映像を表示し非接触でタッチパネルのように操作できるディスプレイシステム『AI(エアリアルイメージング)play』の市場開拓を本格化する」と報じたことが買い材料視された。

 報道によると「触らずに操作できる特徴を生かし、衛生管理が不可欠な手術室モニターや病院内エレベーターなどの医療分野に訴求」という。このほかセキュリティ関連製品などさまざまな分野での市場開拓による将来的な業績への寄与に期待する買いが向かった。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均