市場ニュース

戻る
2016年06月14日09時20分

【材料】シンバイオ製薬が急反騰、自己疼痛管理用医薬品の第3相臨床試験を開始

シンバイオ <日足> 「株探」多機能チャートより
 シンバイオ製薬<4582>が急反騰。13日の取引終了後、自己疼痛管理用医薬品「SyB P-1501」の、入院期間中の短期術後急性疼痛管理を適応とした第3相臨床試験を開始したと発表しており、今後の新薬開発への期待感から買いが入っている。

 「SyB P-1501」は、シンバイオが昨年10月に米ザ・メディシンズ・カンパニー社(ニュージャージー州)から日本における独占的開発権・販売権を取得した製品。米国では昨年4月30日にFDA(米食品医薬品局)から医薬品の承認を受け販売が開始されているほか、欧州でも昨年11月20日にEMA(欧州医薬品庁)から承認を受けている。なお、同社では19年の製造販売承認取得を目指して第3相臨床試験を進めるとしている。また、16年12月期業績見通しの変更はない。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均