市場ニュース

戻る
2016年06月13日13時44分

【市況】英EU離脱ならHSBCに深刻なマイナス影響=CLSA


CLSAアジアパシフィック・マーケッツは最新リポートで、英国が欧州連合(EU)から離脱した場合、HSBC(5/HK)に深刻なマイナス影響を及ぼすとの見方を示した。HSBCが資産の37%、収入の25%を英国に依存している点に言及した上で、英国のEU離脱により、HSBCはROE低下と減配を強いられると分析。EU離脱の是非を問う国民投票は6月23日に実施されるが、その結果が今後の不安材料になるとして、HSBCの投資判断を「アンダーパフォーム」に据え置いた。目標株価は48.30香港ドル。
CLSAによれば、EU離脱が決まった場合、英国は経済面でさまざまなリスクに直面する見通し。ポンド安やスタグフレーションを招く恐れがあるという。
英国は1975年にも、EUの前身となる欧州共同体(EC)からの離脱を問う国民投票を実施したことがある。当時の残留派は全体の67%だったが、CLSAの調査によると、今回の残留派はこれを下回る比率にとどまっている。
HSBCは英系の大手金融グループ。香港の有力銀行、恒生銀行も1965年以来傘下に置く。グローバル展開が最大の特徴。発祥の地である香港のほか、世界71カ国・地域の約6000拠点で顧客4700万件を擁する。従業員は26万4000人(15年末)。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均