市場ニュース

戻る
2016年06月13日12時00分

【材料】かんぽ生命、国内大手証券は現在の株価バリュエーションは上場保険会社と比較して妥当水準と指摘

かんぽ生命 <日足> 「株探」多機能チャートより
 かんぽ生命保険<7181>が続落。軟調な株価推移となっている。

 国内大手証券では、現在の株価バリュエーションは上場保険会社と比較して妥当水準と指摘。当面の業績動向は、親会社株主利益の横ばいが続きカタリストにも欠けるとの見方で、運用ポートフォリオ変更による収支改善、保有契約件数の反転、商品性改定による新規契約獲得加速、規制緩和による事業の拡大、配当性向の上昇などが確認できれば強気判断に転じることも可能と解説。

 レーティング「ニュートラル」を継続、目標株価を2600円から2550円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均