市場ニュース

戻る
2016年06月10日09時44分

【材料】芦森工業やカネミツが急伸、タカタの代替需要で増産と報じられる

芦森工 <日足> 「株探」多機能チャートより
 芦森工業<3526>やカネミツ<7208>がともに急伸している。きょう付の日本経済新聞で「タカタ製エアバッグの欠陥問題を受け、自動車部品メーカーが相次ぎ生産体制を増強する」と報じられており、なかで両社が紹介されていることが好材料視されている

 記事によると、芦森工業は韓国とメキシコでエアバッグ本体の年産能力を2019年までに計70万個と8割増やすほか、カネミツは日本で主要部品を3割超増やすという。リコール対象が拡大し、国内外の自動車メーカーが不採用を表明するタカタ<7312>製品の代替需要を狙うとしており、業績への貢献が期待されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均