市場ニュース

戻る
2016年06月09日09時50分

【材料】アイリッジ---3Q売上高63.6%増、事業環境を追い風に

アイリッジ <日足> 「株探」多機能チャートより

アイリッジ<3917>が6月7日に発表した2016年7月期第3四半期(15年8月-16年4月)業績は、売上高が前期比63.6%増の8.69億円、営業利益が0.79億円(前年同期は0.88億円)、経常利益が0.79億円(前年同期は0.89億円)、四半期純利益が0.51億円(前年同期は0.58億円)と大幅増収となった。

企業の『オンラインtoオフライン』への取り組みの増加傾向、スマートフォンの国内普及率の増加、継続取引先のユーザー数増加(同社のスマートフォンアプリの利用ユーザー数が、16年5月で4,000万超)などが理由で、大幅増収となった。一方で減益理由については、事業拡大を睨んでの、採用費、人件費、自社サービス開発コスト等の先行コスト増加が挙げられる。

16年7月期通期については、売上高が前期比49.6%増の11.14億円、営業利益が同比11.5%増の1.20億円、経常利益が同比11.1%増の1.20億円、当期純利益は同比10.6%増の0.80億円とする期初計画を据え置いている。

《TN》

 提供:フィスコ

日経平均