市場ニュース

戻る
2016年06月09日09時26分

【材料】イハラケミカルが大幅3日続落、想定為替レートの見直し響き16年10月期業績予想を下方修正

イハラケミ <日足> 「株探」多機能チャートより
 イハラケミカル工業<4989>が大幅3日続落。8日の取引終了後、16年10月期の連結業績見通しについて、売上高を527億円から470億円(前期比14.3%増)へ、営業利益を46億円から37億円(同25.0%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 為替の想定レートを1ドル=120円、1ユーロ=135円から、1ドル=105円、1ユーロ120円に変更したことが主な要因。また、海外向け畑作用除草剤および水稲用除草剤の販売下振れや、毒性試験研究費の上振れが見込まれることも利益を圧迫するという。

 同時に発表した第2四半期累計(15年11月~16年4月)決算は、売上高254億3100万円(前年同期比18.2%増)、営業利益28億4100万円(同2.1%増)だった。海外向け水稲用除草剤などに前倒し出荷が発生したことから、従来予想の売上高250億円、営業利益23億円を上振れて着地した。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均