市場ニュース

戻る
2016年06月09日09時22分

【材料】トヨタなど自動車株が安い、1ドル=106円台の円高進行で

トヨタ <日足> 「株探」多機能チャートより
 トヨタ自動車<7203>、日産自動車<7201>、富士重工業<7270>など自動車株に売りが先行している。米国では5月の雇用統計発表を受けて6月利上げの可能性が非常に低くなった。これに伴う日米金利差拡大の思惑が後退、為替市場ではドル売り円買いの動きに反映されている。足もとは再び1ドル=106円台後半まで円高が進行、輸出採算の悪化を懸念した売りが優勢となっている。なお、トヨタ、日産自、富士重いずれも17年3月期通期想定レートは1ドル=105円で実勢よりは円高に設定されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均