市場ニュース

戻る
2016年03月22日18時42分

【テク】日経平均テクニカル:5日ぶりに反発、ボリバンでは+1σを挟んでの推移


5日ぶりに反発。25日線が支持線として機能する格好からリバウンドをみせており、5日線を回復。一目均衡表では雲の中での推移で強弱感が対立しやすいが、転換線を回復してきている。ボリンジャーバンドでは+1σを挟んでの推移となっている。週間形状では13週線を回復してきており、同線が支持線として機能するかを見極めたいところ。

一方、上値は価格帯別出来高では16900-17100円レベルの商いが膨らんでいる水準での攻防が続いており、さらに厚みが増してきている。早期に突破し、支持線に変えてこないと、上値抵抗として意識されてくる。パラボリックはSAR値が切り上がりをみせているが、これにタッチせずに陽転シグナルが継続。MACDは先週末に陰転シグナルを発生させたが、本日の大幅上昇でシグナルを上回ってきており、先週の陰転シグナルがダマシになる可能性もありそう。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均