市場ニュース

戻る
2016年03月22日10時01分

【経済】(中国)「通貨戦争」に反対、元切り下げで輸出刺激を実施せず=李首相


李克強首相はきのう21日に国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事と会見した際、世界経済の不透明感が増している中、主要経済国がマクロ経済の協調を強化し、全世界の経済・金融システムの安定を維持する必要があると発言した。中国はIMFなど主要な国際金融機関の提言などを重視する姿勢を示し、外部との会話・交流を一段と進める方針を示した。

また、李首相は、輸出を刺激する目的などで自国の通貨を切り下げる「通貨戦争」を賛成しないと指摘し、中国が元の切り下げを通じて輸出を刺激するという手法をとらないと強調した。元を合理的なレンジ内で安定的に推移させる方針を示した。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均