市場ニュース

戻る
2016年03月22日09時57分

【材料】ジグソー、ALBERT、ロックオンなど買われる、人工知能関連のテーマ買い続く

JIGSAW 【日足】
多機能チャートへ
JIGSAW 【日中足】

 ジグソー<3914>が急騰、一時1500円以上の上昇をみせたほか、ALBERT<3906>、ロックオン<3690>など人工知能分野に積極展開する企業への買いが目立っている。

 ジグソーは人工知能を活用したIoTデータコントロールや次世代ロボットデータコントロールサービスを手掛けており成長期待が強く、テーマ物色の中核的存在だ。また、ALBERTも人工知能分野で最先端の機械学習手法であるディープラーニングを活用し、人手を介さずに大量の画像に対して自動的にタグ付けを行なうシステムを開発している。同分野で電気通信大学とも共同研究体制にあり注目度が高い。ロックオンは「ビッグデータ」「人工知能」「IoT」とマーケティングに関する既存事業のビジネスモデルを融合して、「企業と顧客のコミュニケーション円滑化」を提供するマーケティング・ロボット・カンパニーと自らを位置付けている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均