市場ニュース

戻る
2016年03月18日12時54分

【材料】テクノスジャパンが上昇加速、好業績AI関連で人気続く

テクノスJ 【日足】
多機能チャートへ
テクノスJ 【日中足】

 テクノスジャパン<3666>が7連騰と上値追いを加速させている。同社はERPパッケージの導入支援を主力に展開し、ビッグデータ解析支援サービスも手掛ける。今年のIPOの目玉とされるZMPとの資本業務提携でも注目度が高い。子会社を通じて統計アルゴリズムを活用した人工知能(AI)製品である「scorobo」を販売しており、AI関連株としてもマークされている。

 業績も好調だ。製造業向け中心に高水準のシステム構築需要を確保、ビッグデータ解析支援でも新規顧客の取り込みが進んでおり、16年3月期営業利益は従来予想の5億円から5億7000万円(前期比28.7%増)へ増額している。株主還元姿勢も高く、従来52円を計画していた期末配当(一括)を62円に10円上乗せ、配当利回りは1.8%台に達しており、同業他社と比較しても際立っている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均