市場ニュース

戻る
2016年03月16日12時18分

【市況】17000円を挟んでの底堅い展開、電子部品株に注目/後場の投資戦略


日経平均 : 17,051.37 (-65.70 )
TOPIX  : 1,367.08 (-5.00 )

[後場の投資戦略]

 日経平均は17000円を挟んでの底堅い推移が続いている。5日線を挟んでの推移となり、一目均衡表では転換線を支持線とする半面、雲下限に上値を抑えられる格好である。FOMCの結果を控えていることもあり、上下いずれもトレンドは出難い状況であろう。

 一方で、マザーズ指数、ジャスダック平均は小幅ながらプラスに転じるなど、個人主体の売買は活発のようである。外部環境に左右され難い中小型株などに資金がシフトしている状況であろう。ただし、為替市場では円安に振れてきており、輸出関連などへは買い戻しが意識されやすい。また、米アップルが21日に開くメディア向けイベントで発表するとみられる画面サイズ4インチの新型iPhoneが需要の「追い風になる」可能性なども伝えられており、電子部品などハイテク株への支援材料になろう。(村瀬 智一)
《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均