市場ニュース

戻る
2016年03月15日12時47分

【市況】日経平均は4円高で後場スタート、日銀会合の結果を受けて短期筋の売買活発/後場の寄り付き概況


日経平均 : 17238.46 (+4.71)
TOPIX  : 1379.65 (-0.30)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は上昇に転じて後場の取引を開始した。日銀の金融政策決定会合の結果を控える中、後場寄り付き時点で発表がされていなかったため、思惑的な買いが先行したようだ。その後、「金融政策の現状維持」が発表されて下げに転じたが、一方で「MRFのマイナス金利適用の除外」が伝えられると、再び上昇に転じるなど、日銀会合の結果を受けて、短期筋の売買が活発のようだ。

 セクターでは、保険、非鉄金属、鉱業、水産農林、倉庫運輸、銀行、水産農林、海運などが冴えない。半面、証券、電力ガス、小売、その他製品、情報通信、空運がしっかり。規模別でみても、大型株、中型株の下げに対して、小型株指数のみがプラス圏で推移している。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均