市場ニュース

戻る
2016年03月14日18時59分

【テク】日経平均テクニカル:3営業日続伸、16500-17000円でのもち合いレンジを上放れ


14日の日経平均は3営業日続伸。マドを空けての上昇となり、足元の16500-17000円でのもち合いレンジを上放れている。支持線として意識されている25日線については、やや上向きに転じてきている。ボリンジャーバンドは先週末に+1σを突破してきたが、本日は一気に+2σに接近する展開。+2σは上向きに転じてきており、バンドに沿った上昇が意識されてくる。一目均衡表ではちょうど雲下限の切り上がったところに接近。下値は転換線が支持線として意識されている。また、遅行スパンは実線を下から上に突き抜ける格好から、上方転換シグナルを発生させてきている。雲下限は本日の17415円辺りから、週末には16526円辺りまで切り下がりをみせてくる。雲上限は18014円辺りから週末には17440円辺りまで切り下がるため、雲下限での攻防から、一気に雲上限を捉えてくる可能性がある。ただし、雲下限が抵抗として強く意識されての調整も警戒しておく必要はあるだろう。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均