市場ニュース

戻る
2016年03月14日13時43分

【材料】NTTドコモやKDDIが安い、「2年縛り」緩和報道は逆風との見方も

NTTドコモ 【日足】
多機能チャートへ
NTTドコモ 【日中足】

 NTTドコモ<9437>やKDDI<9433>が安い。13日付の日本経済新聞は、「NTTドコモなど携帯電話大手3社は2年ごとの継続利用を前提とするいわゆる『2年縛り』と呼ばれる契約を見直す」と報じた。現行では、主要スマートフォンなどの場合、料金を割り引く代わりに2年ごとの契約とし、途中で解約すると違約金が生じるが、「各社は新規契約から、2年たてば違約金のない新たな料金プランを導入する方針だ」と伝えている。

 この報道に対して、市場関係者からは「2年縛りをなくすことで、格安SIMを利用した割安スマホなどへの乗り換えが加速する可能性もあり、大手携帯会社には逆風となる可能性がある」との見方が出ている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

日経平均