市場ニュース

戻る
2016年03月11日17時35分

【市況】<週末コメント> ─ 来週の相場展望 ─ 2016年3月11日

 今週の日経平均終値は16938円87銭、前週末比75円91銭安でした。

 日経平均は4週ぶりの下落となりましたが、週を通しての押しは比較的浅く、戻り相場(リバウンド)がまだ続いている状態を維持しています。今週の高値が先週の高値を越えなかったことで戻りの勢いが相当に鈍っていることは確かですが、ここまでの上げの反動で大きな下げとならなかったことは救いといえます。来週もそれなりに戻りを試す場面はあると思います。カギは1に円安、2に米株高(原油とセット)、3に中国といったところでしょうか。1と2に関しては14日~15日に行われる日銀金融政策決定会合、15日~16日に行われる米FOMCがポイントとなります。日本の経済対策もいずれ出てくるでしょうが、材料としては1~3のカギより下なので評価は一時的でしょう。手っ取り早く株価を上げるのは円安にほかなりませんがここが一番の悩みどころです。マイナス金利で円安にならなかった意味は大きく、現状は打つ手なしで米国頼みの状態です。さて、来週は再び1万7000円台をそこそこ試す場面があるでしょうが、無理な上値追いはせず、売れるものは売っておくという流れでしょうか。(ストック・データバンク 編集部)

【関連記事・情報】

日経平均