市場ニュース

戻る
2016年03月11日12時00分

【材料】関西電力が連日安、高浜原発の運転差し止めの嫌気売り続く

関西電 【日足】
多機能チャートへ
関西電 【日中足】

 関西電力<9503>が連日安。株価は一時、前日比4%強下落し1000円まで売られ昨年来安値を更新した。9日に大津地裁が高浜原子力発電所3、4号機の運転差し止めを命じたことに対する影響を懸念する売りが続いている。同地裁の決定を受け、ゴールドマン・サックス証券は10日、目標株価を1450円から1400円に引き下げた。投資判断は「中立」としている。同社の復配が遅れることを警戒している。同証券では16年3月期の10円配当予想を無配に見直したほか、17年3月期は35円配当を20円とし、18年3月期に見込んでいた50円配当は19年3月期にずれ込むと予想している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均