市場ニュース

戻る
2016年03月10日04時09分

【市況】NY金:続落で1257.40ドル、原油高、株高、ドル高で売り先行


 NY金は続落(COMEX金4月限終値:1257.40↓5.50)。1243.60ドルまで下落した後、いったん1259.90ドルまで上昇した。産油国の増産凍結協議への動きを受けてNY原油先物が反発、NYダウが上昇スタートした辺りで、ドル買いも一時強まり、金は売り先行となった。



 その後、米国の1月卸売在庫(増加)、卸売売上高(大幅下落)の発表をきっかけに、一時株安、ドル売りになり、金は安全志向、割安感から買い戻しに転換。しかし、まもなくNYダウが持ち直し、金の上昇も収まったとみられる。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均