市場ニュース

戻る
2016年03月08日14時11分

【市況】国内大手証券、リバウンドは1カ月前後続くと予想、低リスク株は厳しいパフォーマンスに

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、昨年10月の例を考慮した場合、リバウンド(バリュー株の戻り)の動きは、1カ月前後は続くと予想。戻りのペースが急激な場合には、これより短くなることも想定され、逆に原油価格の上昇や為替が円安方向(対ドル)に進むなどのマクロ要因が重なることがあれば、より強く長い動きになると解説。

 このような動きが見られる間は、低リスク株は厳しいパフォーマンスになると予想している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均