市場ニュース

戻る
2016年03月08日09時25分

【経済】米国経済、1年以内の景気後退確率は100%=ジム・ロジャーズ氏


米著名投資家ジム・ロジャーズ氏はこのほど、米国経済が1年以内景気後退(リセッション)に陥る確率が100%だと発言した。米国は7-8年の周期でリセッションを経験していたと指摘。米国の債務水準が思わしくない状況に陥っており、これがリセッションの引き金になるとの見方を示した。また、中国や日本、欧州などの景気低迷も米経済に悪影響を与えると指摘した。

ロジャーズ氏は、投資家が真実のデータに注目する必要があり、真実のデータは政府が発表したデータを意味しないことにも言及した。また、世界同時株安が進行した場合、自国通貨を米ドルに換える可能性があるため、これが米ドル・バブルの発生につながると警告した。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均