市場ニュース

戻る
2016年03月07日10時53分

【材料】スクエニHDが続伸、ゴールドマンは「買い」を再強調

スクエニHD 【日足】
多機能チャートへ
スクエニHD 【日中足】

 スクウェア・エニックス・ホールディングス<9684>が続伸。ゴールドマン・サックス証券は4日、同社株の「買い」の投資判断を再強調した。「強いパイプラインで来期最高益への道筋明確に」と指摘している。ゲームセクターのなかでも同社のパイプラインの強さは目を引き、17年3月期は大型新作「Final Fantasy XV」の営業利益貢献80億円を織り込み、連結営業利益は488億円と最高益を大きく更新する見込み。18年3月期も大型作品が続くなかで、17年3月期のPERは10倍前後と割安感を指摘している。

 特に3月31日の深夜に行われるFinal Fantasy XVの発表会に注目としており、発売時期やその他詳細が明確になるとみている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均